医療レーザー脱毛のデメリットは?

 

脱毛施術には様々な方法があり、医療レーザー脱毛もその一つになります。施術範囲の広さや痛みの少なさ(※痛みの強いクリニックもございます)が医療レーザーの長所ですが、短所もあります。日焼けで肌が焼けていたり、生来の理由で肌の色が濃い人は、脱毛のために医療レーザーを使うことができません。

 

その理由ですが、肌を傷めてしまうからです。色の濃い部分にエネルギーを集中させることで、医療レーザーは脱毛を行います。

 

そういった意味では日焼けをしている人、色黒の人は医療レーザーで肌自体が反応してしまうことがあるため、脱毛にレーザーが使えません。日焼けに関しては、夏の暑い時期を避けるのが得策ですね。

 

また、体毛の色が薄い人は医療レーザーが反応しないため脱毛ができませんし、うぶ毛などの細い毛も同様です。

 

体毛の色、細さ、密度などによっては、医療レーザーでの脱毛効果は十分ではなかったということもあります。医療レーザーの技術は、年々向上しています。以前は上手に脱毛ができなかったという場合でも、最新設備を利用すれば脱毛できることもあるようです。

 

調べる前に諦めてしまわず、まずはカウンセリングを受けてみるといいでしょう。

 

脱毛とレーザーの研究が進んだことから、医療レーザー脱毛自体の費用も安くなっています。光脱毛と医療レーザーの施術料金を比べると、やはり高いのは医療レーザーです。

 

どんな方法で脱毛をするか考える時には金銭的な負担も気にかかりますが、アフターフォローや脱毛の効果なども重要です。

 

どんな脱毛方法にはどういった利点があり、欠点があるのか、口コミサイトやエステの情報サイトを活用しましょう。お肌のコンディションや脱毛に使える予算など、様々な角度から考えて医療レーザーについてチェックすることです。

 

安くて人気のクリニックはこちら⇒医療レーザー脱毛安い!東京ではお得なキャンペーンを実施中!