医療レーザー脱毛で気をつけること

 

わきの永久脱毛は、レーザー照射を何回か行うことで効果が得られるようです。

 

ただし、レーザー脱毛の施術を受ける際に、いくつか注意していただきたい点があります。

 

1つめ

施術前に、自分でカミソリや毛抜きなどで、むだ毛処理は行わないでください。脱色も厳禁です。レーザー脱毛は、毛に含まれているメラニン色素にレーザーが反応する特質を利用した脱毛方法です。黒い毛がなければレーザー脱毛はできないので、レーザー照射前のむだ毛処理は控えてください。

 

2つめ

日焼けしないように注意を払ってください。日焼けしていると施術できない場合があるそうです。というのも、日焼けした肌にレーザーが反応してしまい、非常に危険だからです。
レーザーが当たった部分がやけどしてしまう可能性もあるので、脱毛前は、特に日焼けしないように気をつけてください。また、レーザー脱毛後も、日焼けには十分気をつけてください。レーザー照射後の肌は非常にデリケートです。紫外線対策はしっかり行いましょう。

 

3つめ

レーザー脱毛後、入浴時にチクチクとした痛みがあるかもしれません。この痛みが何日も続くようであれば、クリニックに相談して、診察を受けるようにしてください。

 

 

さて、レーザー脱毛のちょっと嬉しいメリットをご紹介しましょう。レーザーを照射すると、薄いシミなら消えるそうです。シミ消し用レーザーと脱毛用レーザーは異なる種類のものだそうですが、脱毛しながら気になるシミも消えてくれれば、一石二鳥ですね。

 

なお、レーザー脱毛は、毛を伸ばしている状態での脱毛ですので、施術時期は露出度の少ない冬場をお勧めします。